J2札幌・石井U21代表合宿上々デビュー@ニッカン北海道版より

http://hokkaido.nikkansports.com/soccer/jleague/consadole/p-hc-tp0-20060921-93110.html

わっほー、石井ちゃんの記事だよ。
ニッカン北海道版より。
嬉しいのでまたまた保存です。人(≧∀≦)人

J2札幌・石井U21代表合宿上々デビュー
 北京五輪を目指すU-21(21歳以下)日本代表候補のコンサドーレ札幌FW石井謙伍(20)が上々の日本代表デビューを果たした。同代表は20日、J2神戸との練習試合(60分×2本)を行った。石井は2本目にフル出場し、1アシストを記録した。シュートは1本のみに終わったが、随所に持ち味のDFの裏への突破を披露。夢の代表入りへ第1歩を踏み出した。
 必死でボールに食らい付いた。2-2の2本目59分。DFラインからのボールをFW石井が競り合いを制し、頭で後ろに流した。ボールはDFラインの裏を抜けた。ダイレクトでMF渡辺(名古屋)が左足を振り抜き、ゴール右隅にたたき込んだ。石井が決勝アシストを記録した。「そんなミスもなかったし、つなぎ役で起点になれた」。初招集でいきなり得点に絡んだ。
 得点という結果は残せなかった。開始2分。DF森下(磐田)の左クロスをフリーでヘッドした。決定的な場面だったが、GKの正面に。「迷いがあった。FWなので1回のチャンスを決めないといけない。決めたかった」と本音を漏らした。60分フル出場し、シュートはこの1本のみに終わった。
 それでも輝きは放った。持ち味のDFラインの裏へ抜ける速い飛び出しを披露。惜しくもオフサイドを3度取られたが、抜ければGKと1対1の場面をつくった。試合中は渡辺、森下に「飛び出し早い?」と声を掛け、「代表初ゴール」をどん欲に狙った。右サイドハーフのMF古部(立命大)は「頭を出してくれる。うまいなあと思った」と話した。FW前田(広島)は「1トップの石井をうまく使えば、もっといい形をつくれた」と振り返った。
 FW平山(東京)からも刺激を受けた。合宿初日は平山と2人部屋だった。顔を合わせたのは高校2年春以来。ベッドに横になりながら「オランダはどうだった?」「FC東京は?」と質問攻めした。「すごい面白いやつでした。今度、電話番号を聞きます」と言って笑った。初の日本代表ながら、動じず、楽しんだ。その心が、プレーにもつながった。
 「1回代表に入れば、もっともっと入りたいと思う。これからも呼ばれたい。代表として戦い、遠いものではないなあと思った。目指すところ」。アジア大会の選手登録締め切りは10月1日。同代表は11月24日から中東遠征(カタール)し、アジア大会(12月1日開幕)に出場する。石井がサプライズ選出を目指す。【長島一浩】
[2006年9月21日9時13分 紙面から]

いい写真を載せてくれてありがとうだ、ニッカン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>