コンサドーレ対水戸ホーリーホック

2-0で負け

2005/04/03 14:00キックオフ 対水戸 笠松運動公園陸上競技場
【入場者数】3,351人【天候】晴 16.3℃ 57%
【主審】廣瀬 格【副審】五十川 和也/阿部 浩士

[生観戦TOPIC]

mito_050403
※水戸のオフィシャルマスコットは、黄門ちゃまではありません。↑ホーリー君です。 全くビビること無く、握手してもらうわが子でありました。

雹が降るとか、雷が落ちるとか、雨が降るとか言ってたのは誰?
全然晴れてるんですけど!

そんな訳で、また悪コンディションの中の観戦かなぁと夕べから覚悟していたのですが、思いの他晴天で嬉しくなる今日この頃。
初めて行った笠松競技場は、アウェイのゴール裏スタンド下方に設けられた芝生スペースが最高!!あそこは、子連れには非常にありがたいスペース。
続々と、幼子を連れたファミリーが集まって来る。
お陰で、子供を遊ばせながらもある程度観戦にも集中できると言う観戦環境を提供していただきました。

とりあえず今日の目標は「地雷を踏まないこと!」それだけだった。

が、しか~し!

今日の試合は「アクション」も「ムービング」もちっともする気配が無い。

全然サイドが使えてないよ。と言うか、ガッチリと封じられている感じもあるし、水戸の7番・超ちびっこ選手と8番・ハゲの対応に両サイドが大忙しで、攻撃どころじゃないし。
曽田のクリアが敵前に飛んじゃったりするし。サテなら笑えるところだけど、公式試合なんだから背筋が寒くなるだけ・・・。

三原のFK(ピクシー直伝/Geneより)も、良い球ながら得点に結びつかず。残念。

2点目失点の後の大混乱は何なのーーー!!危うく、更に追加点を献上しそうな雰囲気がプンプン!

って言うか、ポストプレーって何?教えて、お母さん!!
全然点が入る気がしないんだけど!!

一番印象に残ったのは、後半も佳境に入ったところで、水戸のDFとGKが交錯し倒れた直後に、試合が止まったところ。
審判が止めたんだけど、コンササポからの大きなブーイング。
せっかくうちの攻撃だったのに・・・ってシーン。

水戸の選手は、後半バタバタとよく倒れていた。
そして、ますます存在感を増した本間コウジの背中に頼れる男を感じたり。(敵だっつーの)
とは言いつつも、「やっちゃった系のゴールキック」は健在で嬉しかったり。

そんな訳で、開幕から4連敗だった水戸に今季初勝利を献上し、見事地雷を踏んだわがチーム。連敗で、ここからまた一気にガタガタと崩れたりしないか心配だなぁ。
そのうちまた、うちらが「地雷」と化す・・・そんな悪循環は去年だけでたくさんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です