コンサドーレ対川崎フロンターレ/天皇杯・富山

2-3vで負け

2001/12/9 対 川崎F 富山
【主審】辺見

[生観戦TOPIC]

お久しぶぅりぃね~♪>フロン&辺見どの。

前日、日本会を眺め白子の天ぷらに舌鼓を打ち、富山を堪能し臨んだ試合で私達を待ちうけていたものは、スタメン発表にあった8番・MFビジェの文字。 なんとこんな時期に新外人ですか!

スタメンだけ見比べて見ると確かにウチの方が力が勝っている。
それは間違いない。(と言うか、私がフロンタ-レを知ら過ぎなのかも知れませんが)
負けるはずはないんだけど・・・ないんだけど・・・この不安って・・・。 まあこの時期にモチベーションを保てって方が難しいかなとも思う。 その一方で、ちゃんと勝ち進んでいるチームもある。
どこのチームだって、監督の解任や選手の入れ替わりの情報があるこの時期、条件的にはそれほど変わらないような気がするのに、なぜウチはこの時期ダメだんだろう。

でも前半は思ってより全然動きが良かった。
去年の群馬フォルトナとの試合のような感じをこっそり予想していたんだけど、ガンガン攻めてるし。
ボール支配率はうちの方が断然上で、いつ点が入ってもおかしくない状態だったと言うのに、やっぱり入らない。
ただ、サポがびっくりするほど曽田が動いていたのと、山瀬を久々に見れたのが嬉しかった。不思議なことに、山瀬がボールを持つと、どこからか犬の鳴き声が聞こえて来る。 空耳だろう。

そういえば、ビジェは途中で居なくなっており、代りに私達が慣れ親しんだ「ビジュ」の文字になっていました。何時の間に交代したの?
交代直後、鋭いシュート!(新外人・ビジェは使えなかったみたい。)
森下はFW登録になっていましたが、それも何時の間にかMF登録にに戻っており、同じ場所でポジションチェンジをしていたようです。

藤ヶ谷君がPA内でサポの応援のリズムに合わせてアップしていた前半でした。
(暇そうだったんだよ~)

が、しかしやはりと言うか後半は、一転。
イケイケになっているフロンが先制。 ゴール前に何度も侵入され、いつ入ってもおかしくない状態が続いてた矢先でした。 藤ヶ谷君も打って変わって大忙しに!
前半あんなに攻撃に絡んでいた山瀬も、後半は守備に忙しくなっちゃって、ボランチの位置まで下がったりしていました。

が、しかしこれが後半の早い時間帯の出来事で助かったのでした。
その後、また持ち直したコンサがガンガン攻めて行き、今ちゃんのゴールで同点に!
と思えば、うちだって戦力外選手の爆発だーーー!とばかりに、ケンジが頭では無く「足」でゴールを決めたのだ。

「鳴門逝って良いですか!」
「逝ってヨシ!」

いそやんと喜び合うもつかの間、相手もまた別の戦力外選手の爆発により2-2へ。
時間帯からして延長ムード。

・・・・・・・今日も残業っす。

2階席に陣取っていた私達も、フロンサポが1階に降りるのに合わせて下の芝生席へ。 突然押し寄せてくるテンションの高い人達の出現に、芝生でシートを引いて、中山競馬場の真ん中のピクニックゾーンみたいに のんびり見ていた人達はさぞ驚いたことでしょう。
さあ、気合を入れて延長開始だぁ。 お願いだーー!山瀬ぇぇぇ、小笠原になってくれぇぇぇ! (小笠原は前日のチャンピオンシップで、直接フリーキックでVゴールを決め鹿島を日本一に導いた )

の願いも届かず、コンサのゴール前で混戦になった時に、私達の目の前で、白いユニの選手が一人余っているのが見えました。

あ!!!!!!

と思った瞬間、ボールはざっくりゴールへ吸い込まれて行き、藤ヶ谷君と後半から出場だった健作、そして先生が倒れていました。
鳴門遠征は日本海の泡となって散り、東スタではやはり今年監督がお辞めになるFC東京が横浜FCに負けていました。

セットプレーもたくさんあったし、始終攻撃的だったこの試合は、コンサにしてはそしてこの時期にしては見ていておもしろい試合ではあったんだけど・・・やっぱりリーグ戦で好調だった時の集中力は発揮できなかったかな・・・。 あと10分守り切れたら・・・!
でも、それが今年のコンサなのかも!!うふ。

久々に最終ラインの位置にいた名塚は、「まだやれるんじゃないかなー!」と思わせてくれました。
引退は本人の選択だからどうしようもないんだけど・・・。 やっぱりいるとほっとする。
何かの形で札幌に関わってくれるだろうか。

これで、今年のこのチームを見るのは最後だと言うのに、思ったほどこみあげてこなかったのは、岡ちゃんの退団の件、選手の退団・引退の件など、すでに自分の心の中で大方折り合いがついていたことを悟った。
フロンの阿部がVゴールを決めた瞬間、私が一番最初に思った事は「終わった」では無く「来シーズンが始まるなぁ」ってことだった。
それでも、こぼれそうになる涙はギリギリでせき止めるのが精一杯だったけど。

帰りの空港でフロン選手のご一行が到着。
ゴミを捨てに行った後で前方にモリタコウヘイを見つけた私は、後方から邪悪な念を送っておいた。 が、特に何も起きなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>