尹晶煥(ユンジョンファン)監督の電撃退団は、他サポながら残念過ぎる・・・

00128796-B

尹晶煥監督の退任、ちょっとじわじわ来ております・・・。
「資金に乏しく弱いチーム」という同じカテゴリーにいたサガン鳥栖が、尹監督という宝刀を手に入れ、J2昇格⇒J1上位⇒いよいよ首位と快進撃を遂げる姿を、うらやましく思うのと同時に「希望の光」を重ね合わせて見ていました。

いつかわたしたちも、巡り合わせに恵まれて(うちの場合は、運もないと絶対無理)、きっと鳥栖みたいになる日が来るんだ!と信じていたから。

突然の電撃退団で、鳥栖がすぐに弱くなるとか全く別のチームになるとは考えにくいですが、岡ちゃんが辞めた時のことを思い出したりして、他サポながらじわじわと悲しくなってきています。尹さんは、選手時代からスゴかった…。いつぞやスタジアムで、鳥肌が立つようなクロスを上げたプレーは、未だに覚えている。

「ACL」と「スルガ銀行チャンピオンシップ」への出場は、クラブチームサポーターの夢!鳥栖の皆さん、ほんと頑張ってください。

 

サガン鳥栖、尹監督解任発表

サッカー・Jリーグ1部(J1)のサガン鳥栖は8日、尹晶煥ユンジョンファン監督(41)を7日付で解任したと発表した。鳥栖はリーグ首位に立っており、竹原稔社長は異例の人事について「来季の契約条件のこともあったが、理由は一つではない。(来季以降)主力選手が抜けた後の戦い方など未来を見据えて決断した」と説明した。

クラブは8日午後、永井隆幸強化部長が記者会見して解任に至った経緯などを説明する。当面は、吉田恵めぐむコーチ(41)が監督代行を務め、9日のサンフレッチェ広島戦(エディオンスタジアム広島)から指揮を執る。後任は今季中に決める方針。

元韓国代表の尹氏は、Jリーグ2部(J2)時代の鳥栖などでプレーし、2011年に監督に就任。1年目でJ2の2位に入ってチームを初のJ1に導いた。J1昇格初年度の12年は5位と健闘し、昨年は12位。今季は18試合を終え、12勝5敗1引き分けの勝ち点37でリーグ1位を走っている。

2014年08月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
引用元:http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/sports/jleague/20140808-OYS1T50036.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>