コンサドーレ対ベルマーレ湘南

ついに待ちに待ったこの日を迎えました!3-0で湘南を完封、スカッと昇格!
J1昇格決定!! 「ただいまっ!J1」(By ようこさん)

2000/10/21 対 湘南 19:02キックオフ 平塚競技場
【入場者数】7,428人【天候】曇 21.5℃ 76%
【主審】原田 秀昭【副審】平野 伸一/河合 英治

[生観戦TOPIC]

2日ほど前から、風邪で体調を崩し熱まで出た日があったにもかかわらず、気合のみで平塚まで行ってまいりました。
そうです。この日は2年間待ちわびたその日になる可能性が、99.9%の日だからです。
15時半ごろスタジアムに到着。すでにたくさんのコンササポの姿が。そして、プレス関係の人達もたくさんうろうろしています。
「ああ、いよいよなんだなぁ・・・」と感慨深い気持ちに。
今日起こるであろう出来事を想像し、たびたび目頭が熱くなってしまいます。いかん、いかん。本番まで取っておかねば!

約2時間前にスタジアムへ入場。
いつもは、バタバタしててあっと言う間にスタメン発表時間になってしまったりするのに、今日はすごく長く感じます。
どうにも落ち着いて座って待ってることができず、トイレに行ったり買い物に行ったり、売店前でうろついてみたり。
階段の踊場で長かった2年間をふと思い出して、またまた感慨にふけってしまったり。
(い、いかんってば、本番まで取っておくんだってば!)

席は、のぶさんのがんばりにより、前から2列目~5列目ぐらいの1かたまりをげっちゅう!
感謝・感謝でございますぅ~。
この試合は、右サイドバック・龍ちゃんの100試合目。おざぶの仕込み隊ももちろん「百龍」の準備をしていました。今回は体調不良により全く参加できず、ほんとすみません。
そして、ようこさんも「ただいまっ!J1」の手作りダンマクを用意してきていました。 ああ、なんだか胸が熱くなります。

開始前に、キングベルがコンサのサポ席にご挨拶。
このお方は、怖いもの知らずだ。アウェイサポを挑発するのだ!同じことを浦和サポにもやってるのだろうか・・・背筋が寒くなりますねぇ。アルディくんなんか怯えちゃって、アウェイサポには近付かないもんなぁ。ひどいことされたのかなぁ。
この日は挑発行為だけじゃなく「おっはー」もやってくれたんだけど。
もちろんコンササポも一緒に「おっはー!」

そして試合開始。
ちょっぴり固くなってるDFを見て、ああやっぱりいつものコンサだわ・・・と通常の試合と同じ気持ちにさせてくれました。よし!この様子じゃ、いつも通り野次れそうだわっ。 しばし、こみあがってくる熱い気持ちが吹き飛んでしまいました。
だって、あまりに中途半端なクリアとかさ、繋がらないパスとかさ。
をいをいをい、洋平が活躍しまくってんじゃん! いつも言っているけど、洋平は「心の中のMVP」。本当のMVPになってはいけません。
さて、今回の1得点目は名塚。 先日の水戸戦でもきっちり決めたキャプテン。最近、狙ってない?センターを先生に預け、上がりっぱなしになるキャプテンの目撃談・多数。いや、誰が点を取ってもいいんだけどね。サポとしては♪

超危ない場面も続出も、洋平とゴールポストの踏ん張りで前半1-0で折り返し。
##今年は、なぜかゴールポストとかクロスバー頑張ってくれたよねぇ。
そういえば、なぜか優津樹が前半から山瀬に替えられてました。なぜなんだろう・・・?今日の優津樹は、本調子に見えたんだけど?動悸・息切れもして無いように見えたし。 (わかるんかい!)

後半に入り、相変わらずコンサの危なかしいDFは続くも、バンちゃんのループシュート(?)がゴールに吸い込まれ、2点目。
ぼちぼち勝利&昇格を確信するコンササポの目に映ったものは、全速力でボールを追いつづけ、CKまでも「オレ」が蹴ってしまうエメルソンの姿でした。
わかる、わかるよ、エメ!君の気持ちは痛いほど伝わってくるよ。この大事な日、コンサドーレにとって2度目の昇格となる大事な日に君も決めたいんだよね。
こうなると、あとはコンサの完封とエメのゴールでこの祝いの日を飾らせたいと思うのが心情です。
がんばれ、エメ!ふかし過ぎだエメ!力を抜くのじゃ、エメ!

結局、執念と体力とモチベーションの違いが、エメにゴールをもたらしてくれました。
後でビデオで見たら、この日のエメ係りであった湘南の白井はこの時、疲れ切っていましたね。
エメに振りぬかれ3点目を決められた時は、地面にはいつくばって「カンベンしてよぉ~もぉぉぉぉぉぉ~!(T_T)コイツ(エメ)、化け物じゃん?!」って泣きそうになってたようにも感じられました。
この終了間際の1点で、ついに私の涙腺のダムは崩壊し涙があふれてしまいました。終了のホイッスルまで取っておくつもりだったのに!やられたぜ!>エメ!!

ついに2年間待ち望んだ歓喜の瞬間!!
もう言葉にならない。ありがとうコンサドーレ!ありがとう岡ちゃん!ありがとう選手!ありがとうみんな!!

We Are Sapporo!
We Are Sapporo!

この幸せな日を永遠に忘れません。忘れたくありません。

涙はエメのゴールの時に結構出ちゃったので、終わった後は歓喜の気持ちが大きくて、不思議なことに滝のような涙にはなりませんでした。実感がまだ湧かないって言うのが正直なところかな?

ただ、洋平ダンマクを片付けながら、一通りのお祝いとお祭り騒ぎが過ぎ、もうお掃除の人しかいない静かなグランドを見つめていたら、しみじみとした感動がこみ上げて来ました。
だんなと二人、ぼーっと椅子に座りながらしばらく見つめてうるうる・・・。 歓喜の後のジョホールバルもこんな感じだったんだろうか。

なぜか見たことも行ったこともない海外のスタジアムに思いを馳せながら、しばらく見つめていました。
メニューに戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です