コンサドーレ対ヴァンフォーレ甲府

水中サッカーは、2-0でコンサドーレの勝利!!エメのゴールに生きる希望が!!

2000/09/11 対 甲府 19:04キックオフ
山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場
【入場者数】1,042人【天候】雨 24.0℃ 86%
【主審】柏原 丈二【副審】斉藤 敬一/高山 啓義

[生観戦TOPIC]

すっごく久しぶりに雨の中での観戦。しかもドシャ降り。
こんな天気の日、しかも平日に甲府まで見に来る人達は、まじで重症なコンササポでございましょう。人数は、決して多いとは言えないかも知れませんが、その分まとまりがある。一人一人の「しっかり声を出さなきゃ!」って言う気持ちが、ぴったり一つになっているような気がして、じーんとしてしまった。

今日は高木さんが移籍後初スタメンだ!!そして、先生も久々のスタメン。この二人へコールで試合開始。 バンちゃんがトップ下の変則的布陣。
選手の気迫は伝わってくるのだが、なにせ水中サッカー状態。(水球とも言われる。)
当然、思い通りにボールが動くはずが無い。エメにボールが渡りいつものようにドリブルを試みるが、3回ぐらいで滑ってボールは逃げて行く。かと思えば、グランウンダーのパスは、グランドの真中でぴったり止まったり。

お隣のたけしさんに「どうやって点を取ればいいんですかー!!(>_<)」と聞いてみる。「空中戦しかないな。高木の頭を使うんだよ!あ!だから、スタメン高木なのか!!」
さすがたけしさん!!4級審判はダテじゃないぜ~!ブラボー!!
そして、さすがは岡ちゃん。コンディションを考えたスタメン起用だったんだ~。

前半20分ぐらいお笑い水中サッカー状態が続くも、段々慣れてきたコンサの動きが良くなる。高木さんもキレがあるぞ!
先制点は、やっぱり動きが良くなってきたコンサ。エメのヘッドだった。セットプレーから。入ったかどうか微妙だったが、副審の旗により入ったことがわかる。やった~!!オフサイドの変な判定は多々あったけれど、得点はちゃんと見ててくれて助かったぞ。つうか、ゴールなんだってば、ちゃんと。

そして前半のうちにエメの左サイドからのミドルシュートが、ズバーーーーーンとゴールに突き刺さった!!文句無しビューティフルなゴール!!「生きる希望」を与えてくれる一発だった。ほんと気持ちが良かった。今週1週間頑張れそうだ。
その後は、コンサがイケイケムードに。あの絶好調の時のコンサが帰ってきた!!攻められても、きちんとDFがカバーしてくれる。こぼれ球を拾ったら、すぐに前へ持って行く。安心感を持って見れる「あのコンサ」だ~!!すっごく、すっごく嬉しかった!!!!!感動モードに入ってしまった。

殿が、雨で滑って数メートル滑ったのだって、ご愛嬌さ。
野々村の天然パフォーマンス・「♪ボール追っかけ、追いつかず、ピッチの外ですべって転んで思わず笑顔♪」も、コンササポには楽しい一コマだった。
もちろん洋平のセーブも光ってたぞ。でも、できれば彼には仕事をさせたくないね。

気持ち良く勝てて良かった。いろんな意味で忘れられない試合になりそうだな。

最後に、今日は私の中では「おおぬまくん(太鼓担当)デー」だったことを付け加えておきます。試合開始前から、芋焼酎を飲んでてかなりハイになっていた彼のひとり言(?)&野次が、ツボにハマりまくってしまって。
新明(甲府)に「新明!!お前東芝魂を見せろよ!」(こらこら、どっちの応援なんじゃ?(^^;))って声かけてたら、新明が振り向いてたっけ。試合中だよ、をい。おもしろいんだってば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です