前進と言うことで良いのではないか?

8/22日 対鳥栖戦。
仕事がらみで1日外出していたので、帰宅してから家族に試合報告を聞く。

●征也がキレキレでさ~。MVPは、絶対征也!
 (そうか~最近レギュラーの座を奪われつつあって、奮起したのかな)

●結局ロスタイムに追いつかれて、同点だった。しかも相手は一人少ない状況。
 (相変わらずだな~うちのチーム…負けなくて良かったね)

●マイクに決められた。
 (今年は確変中らしいね。)

一番驚いたのは、中山選手のゴールが決まったと言うこと。
これまでバーやポストを叩き続けてきた中山のゴールが決まったというのは、うちにとって

大きな前進

なのではないのか?!

今までなら、ポストにぶつかって外にはじかれていたのが、

ついに中に入った

のですよ。

ロスタイムに追いつかれるとか(あるいは逆転とか)そんなのは、そもそも我がチームの芸風であり、中山のゴールが入らないのもしかり。それが入ったわけですから。

夜試合のダイジェストを見ながら、「きっと目に見えないところで我がチームは進化しているに違いない」と思ったのですが、たまたまこの日だけ別の中山選手だった…なんてことが無いことを祈る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です