【北海道コンサドーレ札幌×博報堂DYメディアパートナーズ 特別セミナー】「メディア戦略」が クラブを強くする/参加レポート

少し前になりますが、北海道コンサドーレ札幌の野々村社長が出演するセミナーがあったので行ってきました。主催はサッカーキングアカデミーです。

http://soccerking-academy.jp/archives/2046
%e3%80%90%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ac%e6%9c%ad%e5%b9%8cx%e5%8d%9a%e5%a0%b1%e5%a0%82dy%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%bc

詳しい内容を書きたいのは山々なのですが、ネットでのシェア厳禁!とお達しがありましたので、軽く感想だけ記録しておきます。

まず、わたくし菅原氏を存じ上げませんでした・・。今年の1月か2月に、コンサドーレのバイスプレジデントに就任していたんですね。野々村社長が1年かけて口説いたそう。博報堂に籍を置きながら、コンサドーレのメディア戦略も見ていくという形を取っているそうです。

前半は野々村社長から、チームの現状、取り組んで来たことの成果、今後の展望と野望を、後半は社長×副社長の対談でした。

社長のプレゼン資料には数字がたくさん

野々村社長のプレゼン資料には、たくさんの数字が出てきました。
ご存じの通り、社長は元はJリーグのプロ選手です。コンサドーレにも在籍し、数年のプレーを経て引退。ひょっとして「監督」という形でコンササポとの再会があるかも、とは思っていたけれど、まさか社長に就任するとは。

選手出身だと、サッカーを熟知しているという部分においての安心感はあれど、経営は大丈夫かな?という懸念があるし、そうではないパターンだとサッカーに理解が無さすぎる人が来たりして、サポの不満は鬱積するばかり。野々村社長は、サッカーを熟知しつつも経営ができる人なので、本当に私たちは恵まれすぎているのではないかと改めて思いました。

ただし、本当~~~~~に予算がないので、そこは何とかしないとね。J1に行ったら、選手の年俸もアップしなきゃいけないし、J1で勝てる選手を連れて来なきゃならない。ということで、皆さんサポートスポンサーをしませんか?一口5万円からできる大人向けのコンサドーレ支援制度です。

コンサドーレのサポートシップパートナーになってみた(2015年)

2015.12.17

来季はいよいよJ1の可能性が高いので、私も事業費の中から「コンサドーレ予算」もとい「広告・販促費」を用意して臨みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>