あ、危なかったなぁ・・!天皇杯

第86回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
新日鐵大分戦試合結果
日 時:2006年10月8日(日)
会 場:室蘭市入江運動公園陸上競技場
コンサドーレ札幌 3 VS  1 新日鐵大分
■4分 11相川 進也(札幌)
■88分 9長木 通憲(新日鐵大分)
■116分 10フッキ(札幌)
■119分 11相川 進也(札幌)
—-
延長はVゴール方式じゃないんですね。
だから、90分で決着がつかなかった割には2点差だったんだ。
あーもー、ホントはらはらしたー。前年の例もあるわけだし。
試合内容は、打てども打てども入らない状態が続いたみたいですね。
何はともあれ、次でやっとJ1と対戦できます!
さあ、どこかなー。出来れば東海地区からも行きやすい場所でやって欲しいんだけど・・・!
ヤンコメ:
次の試合に進められたので良かった。90分やっても選手達に疲れが見られなかったので、もう30分やりたかったのではないか。風の影響はお互い様で、影響されてこういう状況の中でミスをするのは下手な表れ。藤田、鈴木選手は相手からのプレッシャーというより、風のプレッシャーで自分達のリズムがつかめていなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です